浮気調査の方法とは?

更新日:

浮気調査の内容と方法

不貞行為が行われていた証拠がなければ、浮気があったと認められないって知ってる?探偵は裁判でも通用する証拠を入手するために特別な機材を使ってるんだって。参考にどうぞ。

浮気調査

浮気の確実な証拠を手に入れる

浮気調査の中でも多く行われている調査が、浮気があった証拠を手に入れるための調査です。

離婚調停や離婚裁判では、継続して不貞行為が行われていた証拠がなければ、浮気があったと認められないため、事前にしっかりと証拠を手に入れておく事が大切です。

不貞行為が行われていた事を証明するには、対象者を尾行し、ホテル等に入る場合は、入る姿と出てくる姿を撮影します。

素人の場合、尾行自体が難しく、成功しても、上手く写真撮影ができない場合もあります。

しかし、探偵の場合は上手く尾行できるだけでなく、撮影のための機材も充実しており、暗がりでも遠くからでも、確実な証拠として通用する写真を撮影する事が可能です。

そのほかにも、浮気相手と会っていた事を証明する写真を撮影し、調査をした日の行動を報告書としてまとめます。

このように、探偵は、離婚調停や離婚裁判でも通用する証拠を手に入れてくれるので、安心して任せる事ができます。

参考サイト:浮気調査をして集めるべき証拠

浮気相手の特定をする事も

浮気調査で、証拠集めと同時に行われるのが多いのが、浮気相手の身辺調査です。慰謝料請求というのは、配偶者に対してだけでなく、浮気相手に対しても行う事ができます。

浮気相手からも慰謝料請求をしたいと考えるのであれば、その相手の事を知っておくようにしましょう。

身辺調査の場合は、聞き込みを中心に行っていきます。個人情報を聞き出す事は問題になるのではないかと考える人もいますが、探偵の場合は、探偵業法によって身辺調査が認められているので違法ではありません。

浮気相手の身近な人に聞き込みをする事によって、浮気相手の氏名や年齢、住所や職業、未婚か既婚か等の情報を収集し、依頼者に報告を行います。

配偶者が浮気をしていた場合、離婚をして配偶者と浮気相手の両方から慰謝料を請求したいという人もいれば、浮気相手と話し合い、浮気をやめさせたいという人もいます。

話し合いをするために、あるいは相手の事を知っておきたいという場合にも、身辺調査は行っておくとよいでしょう。

参考サイト:調査報告書にはどんな内容が記載されるの?

-浮気

Copyright© 浮気調査 , 2018 All Rights Reserved.