行き過ぎた浮気調査は犯罪にもなりかねる

更新日:

浮気調査のやりすぎは犯罪行為になりかねない?

浮気調査は犯罪行為ではないけど、度を越した調査は判事行為になるって知ってる?裁判に発展してしまうこともある浮気調査について説明します、参考にどうぞ。

浮気調査

浮気調査そのものは犯罪ではない

浮気調査は原則としては犯罪行為ではなく、探偵や興信所を使って調査を行なったとしても犯罪として取り扱われる事はありません。

その理由としては、浮気調査を行なう明確な目的を持っている点が挙げられるほか、法律のルールに則った方法で調査が行われているためです。

つまり、浮気調査の内容にはいくつかのルールが設けられていて、その範囲内で行なわれている調査内容に関しては問題ないと判断されます。

しかし、ルールの範囲を超えた調査を行なってしまうと犯罪行為に該当するため、最悪の場合は裁判に発展してしまう可能性もあります。

正規の方法で調査を行なっている探偵や興信所であれば、安心して依頼出来ます。

ところが、自分たちで浮気調査をしている場合には気付かないうちに違法行為や犯罪行為を犯してしまっている可能性があるので注意が必要です。

参考サイト:浮気調査で使う盗聴器について

犯罪行為に該当する浮気調査の内容とは

それでは、実際に犯罪行為になりかねない浮気調査の内容とは何かというと、ポイントになってくるのが調査の「程度」、「度合い」です。

たとえば、尾行や張り込みは程度によってはグレーゾーンではありますが、犯罪行為ではないとされています。

一方、パートナーのスマートフォンを勝手に見て中身を見たりメールを開封するなどの行為はプライバシーを侵害しているとして犯罪行為に該当してしまう可能性があるのです。

また、浮気相手の家の敷地内に勝手に侵入して待ち伏せをしたり、張り込みをしたり、盗聴器やビデオカメラを設置したりするなどの行為も不法侵入として犯罪扱いされています。

車へのGPSも同様に不要侵入として判断されてしまう可能性がありますが、自分の名義の敷地内や車であれば犯罪行為ではありません。

さらに、個人情報を聞き出そうとする調査も程度によっては、法律違反として犯罪行為に該当してしまう可能性が高くなっています。

参考サイト:行き過ぎた浮気調査は犯罪にもなりかねる

-浮気

Copyright© 浮気調査 , 2018 All Rights Reserved.