裁判で使える証拠と使えない証拠の違い

投稿日:

離婚裁判で通用する証拠とは

手をつないだだけで浮気と考える人もいるように浮気の定義は人それぞれで違いますが離婚裁判では浮気の定義がはっきり決まっています。確実な証拠を手に入れるための方法を説明します。

浮気調査

浮気の定義って何?

浮気の定義は人によってさまざまです。特定の異性と親しくしていれば浮気と考える人もいれば、不貞行為がなければ浮気ではないと考える人もいます。

夫婦間の話し合いの場合、浮気の定義というのはとても曖昧なものとなります。

それに対して、離婚裁判の場合は、浮気の定義がはっきりと決まっており、継続して不貞行為があった場合のみ、浮気として認められます。

ただし、異性と二人っきりで食事に行っていても、頻繁に連絡を取り合っていても、継続して不貞行為が行われていた事を証明する事ができなければ、浮気があったとは認められない事になります。

夫婦間の話し合いでは決着がつかず、離婚調停や離婚裁判になる可能性があるのであれば、早い段階で、確実な証拠を手に入れておく事が大切です。

証拠がなければ、浮気があったと認められず、離婚や慰謝料請求が難しくなる可能性があります。

参考サイト:調査費用をできるだけ抑える為に出来ること

確実な証拠を手に入れるためには

継続して不貞行為があった事を証明するためには、浮気相手とホテルに入る写真やホテルから出てくる写真等が必要になります。

不貞行為が行われている現場の写真を撮影する場合には、配偶者を尾行をする必要がありますが、よく知っている人間が尾行をすると、目立ってしまい、すぐに気づかれしまう可能性があります。

そこで、気付かれないように尾行をして証拠を手に入れるには、探偵に依頼をするのがよいでしょう。

探偵なら、顔を知られていないので、問題なく尾行する事ができるだけでなく、暗がりでもしっかりと撮影できる機材等、本格的な道具が揃っており、しっかりとした証拠を手に入れる事ができます。

調査費用はかかりますが、継続して不貞行為が行われていたという確実な証拠の入手が可能です。

こうして、確かな証拠があれば、離婚裁判になっても話を有利に進めていくことができるでしょう。

参考サイト:相談から調査の流れ

-浮気

Copyright© 浮気調査 , 2018 All Rights Reserved.