浮気調査をして集めるべき証拠

投稿日:

浮気調査で集める必要のある証拠とは

不貞行為があったかどうかが大事な証拠になるって知ってる?調停や裁判で利用できる浮気調査の証拠の集め方を説明します。

浮気調査

不貞行為があったと分かるかどうかが重要

浮気調査で証拠を集める理由とは、パートナーが浮気相手と不貞行為をしている事実を突き止めるためです。

そこで、調査中に集めるべき証拠の共通点としては、不貞行為があったと第三者から見て分かるものがポイントになっています。

ちなみに、法律上での不貞行為とは性交渉があったかどうかが重要です。手をつないでいる姿や一緒に食事を取っている姿では不貞行為があったとは判断されません。

つまり、具体的に浮気調査で集めるべき証拠としてはラブホテルを出入りする姿の写真や動画、相手の家もしくは自宅に出入りしている動画や写真などが挙げられています。

また、音声データも不貞行為をしている言動があれば証拠として利用でき、SNSやスマートフォンのメールでのやり取りでも証拠になる場合があります。

特にメールやSNSは自力でも集めやすい証拠として知られているため、自分で浮気調査をする場合に集められるケースが多いです。

参考サイト:裁判で使える証拠と使えない証拠の違い

調停や裁判で利用できなければいけない

浮気調査では調査後の離婚調停や裁判を想定している場合が多く、集める証拠のほとんどが調停や裁判で利用できるものとなっています。

逆にいえば調停や裁判で利用できない証拠は集めても意味がありません。そのため、パートナーや浮気相手に突きつけても場合によっては自分たちが不利になってしまう場合があるので注意が必要です。

では、どのような証拠が調停や裁判で利用できるのかというと、上記でも述べたようにラブホテルや相手の家、自宅に出入りしている写真や動画が代表的です。

ただし、注意点としてこれらの写真や動画は1回だけだったり不定期なものだった場合は、不貞行為があったかどうかを証明できないといわれています。

したがって、写真や動画を証拠として集める場合には、複数回撮影する必要があり、出入りしている時間帯に規則性があるかどうかも重要なポイントになっています。

参考サイト:調査を依頼する時の注意事項と心構え

-浮気

Copyright© 浮気調査 , 2018 All Rights Reserved.